私が考えるマネー道

幻のサケ「鮭児」のお値段に目がテン

 

私が考えるマネー道

テレビのバラエティ番組を見ていたら、幻のサケといわれる「鮭児」が出てきました。鮭児は「1万匹に1匹」と言われる、鮭の最高峰です。その番組は、出演者が高級店で食事。各自が注文した料理の値段を予想するという、一種のグルメ番組です。その時のお店はミシュランの星を毎年獲得している名店でした。出された「鮭児料理」はけっこう小ぶりで、料理方法も特別なものではありません。それを注文したゲスト出演者は1万円弱と予想しました。私は茶の間で「いくら幻のサケとはいっても、要するに鮭の切り身を使った料理なのだから、どんなに高く見積もってもせいぜい5千円ぐらいだろう」と予想していました。

 

ところが、びっくり。なんと正解は2万円弱だったのです。鮭が、ですよ。まさに目がテン、「鮭児おそるべし」です。私は鮭が好きで、しょっちゅう家で食べていますが、スーパーで買う切り身は100円台。もしそれを使って料理したとしたら、1000円取るのも大変でしょう。それが2万円近くするというのですから、「お金の価値って、何?」と思ってしまいます。

 

バイナリーオプションで確実に勝てる必勝法を私なりに考えてみました!

 

興味を持ったので、通販サイトで「鮭児」を調べてみました。すると、最低でも1尾2万円台、高いものだと12万円もします。実感としてピンとくる「切り身」でも、1切れ3千円近くするではありませんか。私がいつもスーパーで買っている切り身の20倍から30倍の価格です。「なんというぜいたく」とあきれながら、けれど食べてみたくてしかたありません。通販で切り身を5枚買ったとして、1万5千円。「それだけのお金を使うのなら、予約おせちが注文できてしまうのではないか」と気づき、「通販衝動買い」は、なんとか思いとどまりました。でも、いつか食べてみたいです。

お金の価値は絶対普遍なものではないけれど

 

私が考えるマネー道

お金の価値については、絶対普遍のものではありません。最近になって、不安定な収入で生活するようになって、それを強く感じるようになりました。収入が安定している時は、千円でも、たかが千円ですが、収入が不安定な時は、されど千円になります。今では、限られた収入の中で、倹約生活をしています。

 

もちろん、自分で選んだ道ですから、文句を言えるわけはありません。私は、学校を卒業後に、職に就いたものの、20代後半で、病気にかかり、日本社会の「普通」の人生から外れてしまったのです。日本社会は、規格社会です。「普通」でない人間は、生きていくのに、大変なのです。病気が完治しても、面接では、必ず「また、病気が再発したら」と聞かれます。そんな事は、「面接官の貴方が今後、交通事故に遭わないか、と同じ位解らない。」と答えたい程です。

 

しかし、そんな事で、普通の社会から、絶縁されてしまうので、苦しいのです。雇ってもらえないなら、自分の力だけで稼ぐしかないのです。私は、まだまだ、フリーランスでやっていくには、力不足ですが、やるしかありません。十分な収入が得られるようになるまでは、倹約生活が続くでしょう。しかし、千円、百円の大切さが解るなら、今度、十分な収入が得られても、無駄使いなんてしないようになるでしょう。

西